活動報告

第1回ファーミングリテラシー協会 FL農法・農育研修会

  • 2017.03.24

2017年3月11日(土)第1回ファーミングリテラシー協会主催 FL農法・農育研修会が開催されました。

健やかな晴天の下、遠方から4人の選抜農家の皆さまが協会理事である網本欣一さんの農場に集合。
参加者は、関西から横井啓行さん(三重県)、吉村佳典さん(奈良県)、九州から北川信行さん(佐賀県)と辻川信介さん(長崎県)。
遠方からの参加にも関わらず、意欲満々で定刻時間どおりのスタート。

ファーミングリテラシー協会代表理事 楯本雅巳より、開会の辞で開始。

続いて、網本さんによるFL農法の概論。
資料やパネルなどを使用しながら、充実した講義が展開されました。

皆さん真剣に取り組んでいます。

種もみの選別
濃度を調節した塩水に種もみを入れて、田植えに使う種もみを選別します。

種もみの消毒
選別された生命力の強い種もみだけをネットに入れてお湯で消毒します。

塩分の除去
真水をためたバケツの中で、種もみに付いた塩分を徹底的に洗いします。
ここで、手を抜かないことが美味しいお米をつくるひとつの重要ポイント!

苗箱のセット作業
苗箱に土と種もみをセットしてゆく作業を専用機械を使って行います!

苗床作業
田植え本番まで、この苗床で4.5葉に成長するまで、田んぼの横で育苗してゆくのです。

2時間30分の実地研修はあっという間に終了し、農業維新の4名のサムライとともに記念撮影を行い、第1回ファーミングリテラシー協会の農育研修が終わりました。


次回は、4月9日(日)に第2回研修会を開催いたします。
その模様は、本ページにてお知らせいたしますので、お楽しみに!!

PAGE TOP

Copyright © Farming Literacy Association All Rights Reserved.